乳酸菌カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

杉岡

腸内環境が脳へ4倍の力で脳から腸ではなく脳が腸で管理されている事を知ってください。新生児は約300種の毒素を持って生まれて来ると言われています。子供サプリメントからシニアまで栄養療法を取り入れ、最大限に出来る家族の健康を改善出来る場所と信じています。 子供乳酸菌、大人用子供乳酸菌、シニアまで幅広く、腸内環境の改善を利用して、脳と免疫力を上げることがわたし達の目的です。 ハッピーになるセロトニン、集中力が必要なドーパミン。これらニューロトランズミッターと呼ばれ、腸内で製造されます。 ネットで調べると山ほどサプリメント選びに困惑しますが、わたしどもはこの業界を約15年日本の医師へも指導して世界最先端を行く自然治療や予防医学を追ってTopを行くリーダー格です。どうぞ、安心してお聞きください。 プロバイオティクス、乳酸菌はおそらく日本一だけではなく、世界のトップクラスの医薬品に等しいレベルの安全・無添加・無化学の乳酸菌をお届けしています。魚から収穫されるオメガオイルも同時に世界最先端の特許、あるいは吸収性を持つ製品だけをご紹介しています。 ミトコンドリア低下症、カンジダ、イースト菌の保護乳酸菌、カンジダ乳酸菌、リーキーガット、胃腸炎、大腸炎、うつ病、発達障害、アジソン病、残留疲労感、甲状腺低下症、副腎疲労症候群。過去には成人だけの疾患が子供の疾患も急上昇中です。消化問題の改善が出来る治療情報とサプリを提供して、アメリカを最先端行く自然治療やp、栄養療法もコンサルをお受けしています。また、90%治癒力を持つと言われるCディフ(クロストリジウム-ディフィシル)IBS,IBDなどの便移植治療も渡米にて受け付けています。

Feed

  • RSS
  • ATOM

遺伝子検査

遺伝子検査 l 薬剤遺伝子検査


遺伝子検査、薬剤遺伝子検査について


世界最先端を行く遺伝子検査とは、子供の未来の健康予防だけではなく、日本国内で急上昇のがん、若年性乳がん、アルツハイマー病、うつ病、発達障害などを持つ方が、ご自身の治療と改善に最大に利用できて健康改善に役立てるツールの1つと信じています。そして、これから妊娠される未来ママやパパが、小児がん、自閉症、子供の発達障害や学習低下症、ADHDなどの予防医学として使える最先端のヘルシーツールで、すでにアメリカではかなり需要の認可を消費者の間で受けています。生まれてから自閉症の問題を解決するには非常に深刻な治療にも出遭います。生命の源、遺伝子検査は特に妊娠する前に知りたい重要な検査であると信じます。いずれ、この遺伝子検査は健康検査もマンデタリー化になる事でしょう。認知症の予防の予防アルツハイマー病の急上昇薬剤遺伝子検査(薬の合う合わない遺伝子検査)メチレーション免疫低下症胃腸疾患心臓疾患、アルツハイマー、パーキンソン病等」の管理を行える事です。



遺伝子検査について

遺伝子検査の重要性について

遺伝子検査の事は、皆さんはニュースや広告のメディアで最近大きくお聞きされていると思います。しかし、マーケットに出ている大半以上の遺伝子検査の問題が、安い、単発、簡単など声をあげて販売していますが、実際に良い役立つ本当の遺伝子検査の検査以外は、検査を行っても無意味な検査内容が結果に出ることが多いことです。日本の急上昇疾患のがん、若年性乳がん、アルツハイマー病、こういった病気はこの遺伝性が約30%ある事と研究で言われています。そして、同時に認知症の上昇やアルツハイマーなど神経が衰えて障害される脳や神経、脳神経の病気など(ALS、パーキンソン病)を単発の市販の遺伝子検査を行っても、奥深い接点を繋げないと意味がなくなる無駄な投資と変わる事も1つの欠点です。

最先端の遺伝子検査と遺伝子検査の読解の重要性について

では最先端の遺伝子検査を知るには、ただ単発で検査を行うより、遺伝子検査を総合に行って初めて色んな問題(詰まりや欠陥、障害など問題点の解決に繋がる事と子供など祖先の遺伝から子供たちへ予防が可能)が理解できます。

イメージを浮かべてみてください。例えば、自分の部屋の灯りが消えた時には皆さんが行う事は電球をを変えることだと予測します。本当に良い最先端を行く遺伝子検査と結果の読解がどうして大切かが理解できます。しかし、電球を変えても電灯が即、再度灯れば良いのですが、電気の球を変えても電気が点かない事が多いものです。こういった経験をお持ちの方も多いはずです。


電球を取り換えても電気が点かない問題の解決役が遺伝子検査でもあります。

電球が点かないと言うことは、人間の身体でいえばエネルギーが無い、いつも疲れている、免疫低下症、頭が冴えない、良く風邪をひいている、いつも炎症が何処かにある事等を示します。病気を治す最善に治療ができる環境を整えられるのも遺伝子検査で奥深く、どこのエリアのつまりや欠陥があるかを知る事によって、幅広く自身の治療にも役立てるということです。

直らない原因が明らかに知れる時代に来ています。電球を変えても灯りが点かないは、時にはコンセントに問題があったり、電気のスイッチや奥にある電線など錆かかったり古くなることによって電球を変えることだけでは修正が不可能と言うことです。


最先端の遺伝子検査はタダ電球を変えれば良い、簡単で済ませない

上記の電気のスイッチを遺伝子として医学的にみると、電気の回路は非常に深く、広く色んなところが混雑していたり、詰まりや不足があるので、単発に電球だけを変えても灯りが点かない奥深い原因のルートの問題をまず探し当てることが大切です。最大に治療ができる環境から自分のお子さまや孫たちへ、子供の将来も予防が可能であるという事です。こういった役割こそが本当の遺伝子検査です。

遺伝子検査は葉酸回路を欠かせない

遺伝子検査は、葉酸回路(MTHFr回路)を欠かせてはダメ 🙅(葉酸回路とは 活性化葉酸 ビタミンB9の最終地点でビタミンB12やグルタチオン、或はDNAへと色んなところに影響する重要な遺伝子です。この遺伝子こそががんやアルツハイマー病、パーキンソン病、自閉症、発達障害、乳がん、うつ病、免疫低下症など様々な疾患に影響します。

人間が元気に生きていくために不可欠な DNA、脳機能、神経機能、)メチレーション回路の接点を奥深く知る事で、より豊かな結果から予防医学につながる事です。

すでに薬剤遺伝子検査を受ける事が可能なアメリカ、欧州 アメリカや欧州ではすでに遺伝子検査も薬剤遺伝子検査が出来る時代へ到来しています。がんの抗がん剤治療はたった20%の確率でしか、成功しない事をご存知でしょうか?80%の薬が合わずに、まるで目隠しのようにコレを使ってみようという医師が大半以上でないでしょうか?うつ病にしても目を隠してダーツに的を当てる事とよく似た賭けのような選択をしている現状で処方される抗うつ剤が多いはずです。この薬剤の遺伝子検査を知る事で、うつ病の薬を隠して当てるような無断な行為を避けることや、痛み止めと言われ摂取した処方箋で死に至るアレルギーも少なくありません。


遺伝子検査の最先端から理解出来ること

iNutrigenomics の遺伝子検査を行うとどういった検査結果が理解できるのか?

がん
乳がん
心臓病
動脈硬化症
前立腺がん
アルツハイマー病
パーキンソン病
認知症
うつ病
発達障害
自閉症
免疫低下症
リウマチ


私自身、薬剤アレルギーでNYCで死に掛けた一人です

未来治療こそが遺伝子検査


鎮痛剤のアレルギーで死に至る人が年々増えたり、麻酔で死んでしまったというケースもご存じと思います。鎮痛剤の合わないがどれだけ怖い病気につながるのか、このリスクは私自身、深く痛感しています。薬剤が合わず、死にいたる危険性持つ環境を予防することも可能であるということです。スティーブンズ・アンド・ジョンソンズ、実はこの病気は水疱瘡のように水泡が全身にできたり、ウイルスが全身へグルグル回る怖い病気です。ウイルスが目に入れば失明、脳にウイルスが入れば脳死、あるいは死に至る病気です。本当にみじめで怖い病気でした。幸いにも元気になれまししたが、こういった薬剤の遺伝子検査を行っておけば、こういった大問題のリスクに触れる事もなかったと信じます。合わない薬の恐ろしいリスクをカットするためにも、薬剤遺伝子検査で自身に合う薬、合わない薬を知る事こそが予防医学の大切な見方です。 そして、がん治療の抗がん剤のタイプも知る事が可能になってきています。(薬剤遺伝子検査の詳細は次項にて)

商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

  • <
  • 1
  • >